産業領域の心理支援

 難関資格トリプルホルダーと語る 産業領域の心理支援  

~ポストコロナ社会における心理職の働き方とキャリアデザイン~

共催:株式会社ソラハル、合同会社Poco Step

日時:2020年12月27日(日)20時~21時

方式:You Tube Live(オンライン)

費用:無料!

 新型コロナウィルスの流行によって私たちの社会は一変しました。私たち対人援助職の活動にも変化がもたらされています。今日の社会やクライエントのニーズに迅速に応えるための心理職のあり方、働き方とは何でしょうか?

 今回は、臨床心理士、公認心理師、精神保健福祉士、1級キャリアコンサルティング技能士といった資格を取得し、産業領域(EAP:従業員援助プログラム)で活躍される福田潤也さんからお話を伺います。

 複数の資格と専門知を使いこなす福田さんに、それぞれの資格の強みや弱み、限界点などにも触れながら、コロナ禍・ポストコロナ社会における産業領域の心理支援を考えていきます。また、本企画が臨床心理士や公認心理師などを目指す学生・院生・社会人の皆さんのキャリア形成の一助になれば幸いです。

【登壇者】福田潤也さん(臨床心理士、精神保健福祉士、公認心理師、1級キャリアコンサルティング技能士)

 大学院を修了後、精神科クリニックにて、アルコール依存症やうつ病の方々の治療および社会復帰支援に従事。現在は外部EAP機関である株式会社ジャパンEAPシステムズにて、主に勤労者に対するメンタルヘルス支援およびキャリア支援(カウンセリング、コンサルティング、セミナー、ストレスチェック等)に従事する。

 また、国家検定キャリアコンサルティング養成講座・更新講習講師、精神保健福祉士養成のための専門学校講師、自治体や大学での講師等、講師としての活動を行う。その他、東京公認心理師協会、日本公認心理師協会等の職能団体にて心理職の職能・社会的地位向上にも取り組んでいる。

【司会】阿相周一(臨床心理士、公認心理師)

 医療・産業・教育等の領域で働きつつ、合同会社Poco Stepを起業。科学+実践的なメンタルヘルスリテラシーの社会への普及と学派や派閥、職種を超えたネットワーク構築を目指します。

【モデレーター】北村健(キャリアコンサルタント)

 教育・若者・学生支援の現場をへて株式会社ソラハルを設立し、対人援助職限定のオンラインコミュニティ「ソラハルBridge」を企画・運営中。誰でも使える相談援助の提供ツール「ソラハルProfessional(仮称)」を1月よりβ版提供開始予定。

【参加対象】

・臨床心理士、公認心理師
・キャリアコンサルタント、1級・2級キャリアコンサルティング技能士
・産業カウンセラー
・精神保健福祉士
・その他対人援助専門職
・対人援助専門職を目指す大学生・大学院生
・企業・団体のメンタルヘルスに関する担当者

【注意事項】
※You Tube Liveのチャット機能で、コメントをする際は、You Tubeのコミュニティガイドラインを遵守し、自己責任でお使いください。
※本イベント配信を共催者の許可なく録画・録音・撮影する行為は禁止しております。
※当ウェビナーにおいて言及されたケース・事例は、全て架空事例になります。
※登壇者・司会者の発言は、個人の体験談・感想・意見であり、特定の組織・団体及び資格そのものを代表した見解ではありません。