スライド4.PNG

対人援助で社会起業をめざすための開業・副業基礎講座4 / 5

未来の想像 事業計画の作り方

合同会社Poco Step

日時:2021年2月7日(日)21時15分~22時30分

方式:ZOOM(ウェビナー)

費用:2,500円*無料になる方法あります!

詳しくは「ソラハルBridge」内の当イベント告知ページを御確認ください!sorabridge.com  

 今年は新しいことに挑戦したい!ひとりの対人援助職として、プロとして力試しがしたい!これまでの蓄積したスキルや経験をもとに独立してソーシャルグッドな事業を提供したい!…という方々へ。

 2020年、新型コロナウィルス(COVID-19)がパンデミックとなり、私たちの社会を一変させました。感染予防のためにあらゆる分野で、オンライン化が急速に進み、生活の仕方や働き方が変化しました。

 このような社会情勢の中で、対人援助職が、個人や社会からのニーズに柔軟に迅速に応えていくためには、どうしたらよいでしょうか?

 対人援助職の働き方の多様化は、困り事や悩み事を抱えている人への支援のあり方の可能性を広げることにも繋がり、社会的課題の解決を促進する可能性を秘めています。

 そこで今回は、個人の働き方の一つの選択肢として、社会的起業に着目し、それを目指すための開業・副業基礎講座を全5回に渡り行います。

 2021年、何か新しいことをはじめよう、新しいことをはじめる切っ掛けを掴もう、そんな想いをお持ちの方はぜひ御参加ください!

 ★対人援助で社会起業をめざすための開業・副業基礎講座 4 / 5★

【第4回 未来の想像 事業計画の作り方】

 2021年が明けてまもない1月の初回ウェビナーにはじまって・自分は何がしたい?・誰のために?・自分ができることは何?・お金の算段をどうつけるの?といった開業・副業に欠かせないポイントを、少しづつステップを踏みながら掘り下げてきました。
 今回は、これをさらにブラッシュアップし、事業計画書に落とし込んでみましょう。事業計画って何?という方がほとんどかと思いますが、言語化とアイデアの整理を通じて、皆さんのプランはさらに磨かれます。これはまさに「未来を想像・創造する」作業にほかなりません。まずはやってみる姿勢で楽しんで取り組んでみてください!

  ウェビナーは「ケーススタディ型ウェビナー」です。講師による講義とワークを通じて、登壇者2人の本物の事業計画を練り上げていきます。画面共有しながらの議論や、Q&A機能を通じて、視聴者の皆さんからの質問も受け付けます。より効果的な学びと発見の機会となりますよう、ぜひ積極的に参加してみてください。

【講師】川野兵馬さん(公認会計士)

 大手監査法人にて会計監査や上場準備会社に対する監査、IPO支援業務やベンチャー企業の成長支援を担当。 監査では、金融機関、製造業、サービス業と多様な業種の監査を行い、ベンチャー企業の成長支援では事業提携や資金調達のきっかけづくりを行っています。

【登壇者】松尾華香さん(臨床心理士、公認心理師)

 大学院修了後、上場直後の障害者福祉ベンチャーで300名程の発達障害児の療育を行い、プレイングマネジメントを行うようになる。その後レイタ―期のヘルステックベンチャーでオンラインEAP事業の立ち上げに携わり、現在はフリーランスとして、オンラインカウンセリング等を行いつつ、シード期のヘルステックベンチャー等でサービス開発やセミナー等を担当している。様々なフェーズのベンチャーで心理士としてのアイデンティティを保ち働いた経験から、心理職として起業を志し、東京都主催のビジネスコンテストTOKYO STARTUP GATEWAYで審査員特別賞を受賞。 https://tokyo-startup.jp/winning2020

【登壇者】佐藤美穂さん(臨床心理士、公認心理師)

 臨床心理士、公認心理師として児童生徒の心理・発達について教員にコンサルテーションをする相談員として勤務。今後、副業として、子育て支援をする事業を始めたいと思っています。どんな家庭も孤立しない子育て環境を目指して、カウンセリングとコミュニティ運営の2つを軸として考えています。

【司会】阿相周一 合同会社PocoStep代表(臨床心理士、公認心理師)

【モデレーター】北村健 株式会社ソラハル代表(キャリアコンサルタント)

【参加対象】

・臨床心理士、公認心理師
・キャリアコンサルタント、1級・2級キャリアコンサルティング技能士
・産業カウンセラー
・精神保健福祉士

・社会福祉士
・その他対人援助専門職

【注意事項】
※本イベント配信を共催者の許可なく録画・録音・撮影する行為は禁止しております。
※登壇者・司会者の発言は、個人の体験談・感想・意見であり、特定の組織・団体及び資格そのものを代表した見解ではありません。