Q & A

 公認心理師・臨床心理士とは?
 公認心理師とは、心理専門職としては初の国家資格(厚生労働省と文部科学省の共同管轄)です。2017年に施行された公認心理師法を根拠として、2019年から一般財団法人日本心理研修センターにより登録が開始されました。保険医療、福祉、教育、司法・犯罪、産業・労働などの分野で、他職種や関係者との連携を行いながら、心理支援を行います。
 臨床心理士とは、臨床心理学の知識と技術によって「こころ」の悩みにアプローチする「こころ」の専門家です。公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会により、1988年から認定が開始された民間資格です。資格試験の主な受験条件は、指定大学院の修了者であり、また資格は5年ごとの更新が義務付けられ、専門性と信用性が高い資格とされています。
 Q:コンサルテーションおよびセミナー・研修・講演の対象は誰でしょうか?
A:対人援助専門職企業・団体の経営者・担当者等のメンタルヘルスの悩みを抱える当事者支援に関わる方が、原則的に対象となります。
Q:対面形式でもコンサルテーションやセミナー等は行っていますか?
A:当社はオンライン事業のため訪問対応は行っておりません。主にZOOMを用いります。
Q:病気の診断や処方はしてもらえますか?
A:公認心理師および臨床心理士は、医療行為(病名の診断、薬の処方など)は行いません
Q:問合せはどうしたら良いですか?
A:お問い合わせは、メールアドレス( info@pocostep.com )からお願いいたします。訪問及び郵送では対応しておりません